ベビーローションは赤ちゃんの大事なケアアイテム|肌スベベイビー

家族

乳児湿疹の原因

赤ちゃん

「赤ちゃん」というとスベスベの肌といったイメージを持つ人は少なくないでしょう。できるだけ、赤ちゃんの肌には気を使いたいものですが、赤ちゃんの肌は成人の人に比べて肌のトラブルに陥りやすいといえます。赤ちゃんは、生後一ヶ月から三ヶ月の間にかけて、皮膚からでる油分が増えると言われています。油分が増えるということは、顔の毛穴につまりやすいともいえるため、肌のトラブルに陥りやすいのです。赤ちゃんは、成人の人のように毛穴が大きくありません、そのため油分のつまりが起こりやすくなります。油分のつまりがおきると乳児発疹が起きる場合があります。また、赤ちゃんは「乳児発疹」という肌のトラブルを防ぐ角質が成人の人に比べて薄いため、その役目による効果が薄い場合があります。肌の角質層は、主に有害物質を防ぐ効果もあるため、そういった効力が弱いとなると、おむつで汗をかきむれるためかぶれといった湿疹ができやすくなります。それが乳児湿疹の原因といえます。

成人でも悩む人が多い冬や秋での乾燥は、赤ちゃんの肌にも悪影響をおよぼす可能性があります。生後3ヶ月以降の赤ちゃんは乾燥によっての湿疹ができやすくなります。乳児湿疹は赤ちゃんの肌のケアを怠らずに行なえば、酷くなることはありません。赤ちゃん用の、肌ケアグッズを上手く使って赤ちゃんの肌を清潔に保つ事が大切です。赤ちゃんの肌のケアを行うことで衛生的な生活を送れると言われています。